Hello, my mars.

ジャニオタ備忘録(語るタイプ)

My Best Photo - like a big love and precious one♡〈ジャニオタ英語部〉

この記事を【ジャニオタ英語部writing】に寄稿いたします。

kotonoha13.hatenablog.com

(ジャニオタ英語部speaking にて発表した【My best photo】のスピーチ原稿ほぼそのままです。英語学習の一環でチャレンジしてみたのですが7割はw★bli●に頼ってるとかそのくせ文法がめちゃめちゃだとかそういうところには目をつむってくださいね…)

 

***

 

f:id:dressigh:20161105124552p:plain

This is "My best photo".
Do you know 3 boys in this photo?

They are "TheyBudo(They武道)". It's not joke.
I introduce a few things of They to you.

f:id:dressigh:20161105124613p:plain

  • They are Johnny's Jr.
  • Left to right, Tsuyoshi Eda, Ryota Yamamoto and Shota Hayashi.
  • Their faces are very pretty and young. But the age of around thirty.

This photo taken in May 24th, 2016 at Theatre Crea that their concert was held. Why do they embrace? Because Yamamoto said "Hug me!".

Hayashi: Hey! Are you being excited? Enjoying? We are TheyBudo! Well...
Yamamoto: Just a moment!
Hayashi: What?
Eda: What's up?
Yamamoto: Er..., hug me. Please hug me one time!
Hayashi, Eda: Hug!?
Yamamoto: Hug me...
Hayashi, Eda: What's the mutter?

  ♡hug hug♡

Eda: ...Were you getting nervous?
Yamamoto: ...Yes! I'm getting nervous! That's crack me up.

There are 3 favorite things to this.

  1. They who embrace each other are cute.
  2. They face down, but they are smiling.
  3. It's very heartwarming and lovely.

Also, that was a special day for them. And for me too.
Independent concert is especially thing for Jr. It's one of their dream. TheyBudo often says "We wanna do our live!". So, this scene is moment that They's dream is coming true.
Moreover, they had been performing separately a few month until that day. (Hayashi in "Takizawa Kabuki". Yamamoto and Eda in concert of Arashi.) Everyone had hoped to meet all members of TheyBudo. Themselves too.
Yamamoto said "I'm getting nervous!". I think expectation and uneasiness to "Independent concert" had been pressing on them. Also, it is been a long time since they performed stage in all members.

Yamamoto depend to Hayashi and Eda. They graps him.
For me, TheyBudo is like a big love and precious one.

Thank you for your reading!

しあわせはきっとぼくらの手の中に〈アンダースタディ〉

きれいな男の子がすきだ。

ジャニーズおたく10年生として、それは至極当たり前の感情なのかもしれない。きれいな男の子がすき。顔がきれいな男の子。身体がきれいな男の子。目がきれいな、声がきれいな、踊りがきれいな……テレビやドラマ、舞台を見たとき、世の中には、きれいな男の子がたくさんいるのだといちいち感心する。

そしてこの夏にも、見た。

 

(舞台『アンダースタディ』を忘れないための感想)

 

続きを読む

きみの息吹で花は咲く

滝沢歌舞伎2016  無事に幕が上がり、そして下りました。おめでとうございました。ほんとうに楽しい舞台を観させていただきました。そんなわけで林翔太くんの話をします。

 

1月にキャスト発表があり、They武道からは彼の名前しかなく実質ソロでの出演となったことについて、ファンの端くれとして不安がなかったといえばそれは嘘だ。なぜならわたしは未だかつてグループという枠を飛び出した林くんを見たことがなかったからだ。人は、未知のものに出逢うとき不安感を覚えるものだ。昨年久しぶりにフルメンバー*1で出演した際に彼らが主張した『グループ感』を今年は出せないのかという残念さ。そして、例年出演していた他グループのメンバーが多数出演しなくなったことで起こった「今年は林しか出ないのか」の声、名前の並びが後輩Jr.と同じ*2であることに対するなぜ!?の声には、不安というより不満だった。林くんに仕事が決まったことを純粋に喜んでくれた人はいったいどれくらいいたんだろうなんて考えて。今思えば、自分自身がもやもやしていたからこそ、そんな言葉に過敏になっていただけなのだけれど。

しかし、幕が上がり、舞台に立つ林くんをこの目にした瞬間に、それはじつにどうでもいい杞憂だったのだと思い知らされる。

 

*1:山本亮太・江田剛・林翔太の3人からなるThey武道。山本はSHOCK・江田林は滝沢歌舞伎という状況が数年続いた

*2:0.5行分のスペース開いてたけど。絶妙。笑

続きを読む