Hello, my mars.

ジャニオタ備忘録(語るタイプ)

総決算!2016年個人的演劇大賞

みなさま、年の瀬はいかがお過ごしでしょうか。いまはちょうどレコ大の生放送中ですが、我が家のテレビは格闘技を流しています。そうつまり見れていない。

そんなわたしですが(このあいさついるか?)この度、一年の総決算として【2016年個人的演劇大賞】を選定いたしましたのでこの場で発表いたします。人に、「今年一番面白かった演劇は何?」と聞かれたのがきっかけでいろいろと項目を設けて考えてみたのですが、これがめちゃめちゃ面白かったのですよー。いい作品いい役者さんがいっぱいいて、個人的とはいえものすごく悩むのですが、過ぎようとしていたいろんなことを思い出せたので振り返りにはぴったりだなって。ではでは参りましょう。

 

【総決算!2016年個人的演劇大賞】

選定日

2016年12月11日

ルール

年内に見た演劇の中でそれぞれの賞に相応しい人物または作品を選ぶ。基本的に1項目に一人または一作品、といいつつ個人的なものなので厳しいルールは定めない。(ex. 助演は対象が多いから二人選ぶ)対象は舞台作品に限定し、TV・ラジオ、またコンサートなどは含まれない。あくまでも個人的なものであり一般的な優劣を定めるものではなく、このひとはわたしの中でことしキタわー!っていう発表会。基本、ゆるい。

受賞対象

Endless SHOCK 2016/滝沢歌舞伎2016/THE CIRCUS!/それいゆ/グレイト・ギャツビー/ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン/キンキーブーツ/アンダースタディ/縁~むかしなじみ~/少年たち 危機一髪!/ABC座2016 株式会社応援屋 OH&YEAH!!/23階の笑い
※観劇履歴として歌舞伎が10ステージほどあるのだけれど、まだ選定できるほど自信がないので今回は除外。GOEMONも同様。
※クロスハート ミュージカルver.は選定日までに観劇できなかったので対象外。

 

続きを読む

2016.11.11〈They武道と宇宙Sixのはなし〉

スマホから更新してますが、そのうちPCで体裁ととのえます。)

 

というわけでポエム芸人はポエム芸人らしくポエム的なエッセイ的な何かを書く。とりあえずいまのうちに。

※あらし見に行ってません

 

----------------------------------------


ぜいさんがぜいさんじゃなくなるかもしれない、なんて噂、ぜい担の半分くらいは耳に届いてたんじゃないかなぁと思う。こんなド末端のわたしでもなんとなく調べてたどり着いてしまう、くらいの、きっかけみたいなのはネットに住むおたくのつぶやきから拾った。だからほんとにすんごくもやもやしてて、どうするのかな、とか、どうなるのかな、とか、どうされてしまうのかな、とか……形が見えないから、漠然とした不安しかなかった。何が嫌なのかとか、そのときは正直よくわからなかった。ぜいさんは、それでも一緒にいるらしいし、少なくともじたんさんは辞める気配はないし、増えたとてどうせ同じような界隈からでしょ、とか……減らないし。みたいな。うそみたいなうわさだけ、ほんとのところは何も知らない。知らないけど、知らないから、いろんなifを自分の都合のいいように仕立て上げることしかできない。あと念のため盛大なズコーーーー_(:3 」∠)_のイメトレもした。

イメトレなんて何の意味もなかったけどさ。ジャニーズ好きでイメトレに意味があったことなんて一度もない。

結局なにが嫌だったの?って、いろいろ見えてきたというか、誰のことも嫌いになりたくなかったんだなぁっていうこと。ひとりが、まぁ名前を伏せるのも野暮か、たとえば松本くんがひょいとはいってMADに戻るのがいちばん考えられるのかな(てゆーか前例がいちばん具体的に想像しやすかったってだけなんだけど)と思ってて、わたしの愛するトライラングルを壊したひとになってほしくないとか、大人数ユニになっていまのぜいさんの立ち位置が下がったらその子たち恨んでしまうかもしれない、とか、とにかく好きなひとに対して心だけは強火だから。それから、そんな未来を選択した彼らのことを。今更嫌いになんてなるはずもないけど。どうして3人でいてくれなかったの?って思いたくなかった。杞憂だね。まだなんにも始まってないのにしょーもないことしか考えられなかった。でも大問題だった。

もちろん、ぜいぶどうでなくなるってこと自体がもう嫌だった。そりゃそうだよ。大好きなんだもの。世界一いとおしいトライアングルだって、本気でそう思ってた。そう思わせてくれたぜいぶどうが大好きだった。3人になっても愛を大きくしてくれたぜいぶどうにどうしようもない愛と、尊敬を抱いていた。できればこのまま、3人一緒にバーン!って花火みたいにきれいに光っていなくなってほしいな、って思うくらい、見たくない夢を見たい夢に頭の中で変えていた。ぜいぶどうが3人で作り出したパフォーマンスが、ステージが、すんっごいすきで、こんなに幸せなコンサートはないって号泣したくらい、愛に溢れた3人の、ぜいぶどうの、ことがすきだ。そんなん言いながらわたしなんて薄情者だから、なんなら4人のぜいぶどうのこと、そんなこともあったねくらいにしか思わなくなった、それほどに過去を強く蹴って未来に羽ばたいてくれたひとたち、なのだ。あーあ、この前亮太さんが言ってたぜいたく会、どんなこと話したんだろーなー。とか。そんなことをぐるぐるもやもやしてて。


でね?

結果からいうと、一回ひるんだのちめっっっちゃテンション上がった!!!!!


宇宙sixという、壮大なのかチープなのかよくわかんない名前。当然What's happen?ってならざるを得ない。だがしかし、我々よく考えたら「They武道」っていうよくわかんないの究極をいくような名前を8年も愛していたのだからそこはあんまり障壁じゃなくて(それでも、まじか、ってなったけど!)(そしてこれはびっくりなんだけど、They武道より宇宙sixのほうがパッと見て意味を理解しやすい名前なんだよな……)

メンバー見て、わぁーまじか、って語彙力ゼロなんだけど。でも、ぜいさんファンって立場からしか物を言えないけど、きてくれた、のが松本くん・めぐたん・よしくんって、わたしの中でわりと最強のメンバーだったから。なんかすごい。すごい、強いって思った。そっからは、まだ見てないけど、ものすごくテンションが上がった。ぜいさんも強かったけど、いままで3人ちっさいからだで戦ってきたひとたちに仲間が増えたんだなぁって、心の靄が晴れて急にストンときた。

ぜいぶどうの大事な大事な単独コンサートを、バックとして献身的に支えてくれたふたりの後輩。持ち前の明るさとぜいさんたちにはない笑いのセンスでみんなを笑顔にしてくれて、ラストでは涙まで見せてくれたよしくん。と、ぜいぶどう大好き、来年もぜいぶどうのコンサートに出たいって、純粋でまっすぐな愛情を向けてくれためぐたん。ふたりが今度は、バックじゃなくて、おんなじグループとしてぜいさんと同じフロントラインに並ぶところを想像したら泣いた。すごくないか。年齢もキャリアとお兄ちゃんたちと離れてて、ものすごく大変なことかもしれないけれど、新しい世界が見られるんだってわたしはうれしい。よしくんもめぐたんも、ステージにとても真摯な子たちだから、そんな子を受け入れないわけがなかった。どうか頑張って食らいついて、喰らい尽くすくらいの勢いをください。ずっとおんなじくらいの歴で、おんなじ年頃のひとたちと並んできたぜいさんにとって、これはものすごい革命なんじゃないか?って思う。

松本くんはある程度予想できてたからアレだけどw、古巣で一緒だったひとたちが8年の時を経てふたたび同じグループになるって、グループが分かれてただけでずっと同じ括りで踊っていたとはいえ、なんかすごいことのように感じる。括りや界隈はいくらでも存在しても、グループはグループでしかないから。8年って、まぁまぁ長い歳月。長く続けてればいろんなことがあるんだね。彼らも、わたしたちも。今年のぜいクリエで、出たいって言ってくれたこととか、バックとしてじゃなく出てほしいって言ったこととか、直接的じゃなくてもちょっとずつなにかが動き始めてたのかなー、って、今になって思う。KISS KISS KISSめっちゃかっこよかったもんなぁ。松本くんはぜいさんにはない引力を持ってるひと。それが今度は自ユニのものになるのかな、ってうふふな期待をしている。


宇宙sixが生まれたこと、They武道ではなくなってしまったことよりもおおっきな想いで、歓迎したい。まだ見てないからこれから気持ちがどう動くのとか、よくわかんないんだけど、とりあえず今は。たぶん大丈夫なんだけどさ、心変わりしたらごめんね。6人でどんな景色を見せてくれるのか、いまのわたし、は楽しみで仕方がない。我々の乗ってる機体はいつの間にか飛行機からスペースシャトルに変わっていたらしい。成層圏をばびゅんと突き抜けたらまだ見たことのない星に巡り会えるかもしれない。


だから、ぜいぶどうでなくなってしまったこと、悲しくないよ。でもとてもさみしいよ。ぜいさんは、はやしくんと亮太さんとえださんは、ちゃんとグループになってくれたひとたちだったね。いろいろ挫けて、失っても、自分たちの手でまた登り始めて足を動かして、自分たちで自分たちだけのステージをつくりあげた。わたしは、4人のThey武道が好きだったから、3人のThey武道を愛することができたことをとてもよかったと思ってる。個性のきつい(言い方)3人が、寄り添うことを覚えて自分たちを知って、ちゃんとThey武道になってくれたことがとてもうれしかった。They武道が大好きだって気持ちは、自分が生きていく上でたったひとつかけがえのない、たいせつな感情になった。守ってくれてありがとう。8年も楽しませてくれてありがとう。ぜいさんはまだまだ同じ道を歩むらしいから、そんなぜいさんだから、これから先も大丈夫だって思えるよ。They武道のこと、いつまでも大好きだから、それを凌駕する感情をを宇宙sixでくださいな。


だから事務所のひとたちは!!!お願いだから宇宙sixを責任持って売ってください!!!web連載も増員してやめないでください雑誌に載せてくださいクリエ(0さいに単独コンはちょっとぜいたくすぎていえないw)ぜったいやってください!!!滝沢歌舞伎とか出してください!!!宇宙sixのままで翼プレゾン再演やってください!!!5カ年計画くらいは立ててください!!!お願いします!!!懇願が尽きない。いま唯一の心配どころはそこw(途中から欲望になってることは、あえてつっこまない。)

いろんな気持ちが集まってできるグループになるんだと思う。だけど願わくば、みんなに愛されるグループになってね。やっぱこいつらだよなって、納得させるグループになってね。素敵なステージに立ってね。応援させてね。この世に生まれてきたならば、しあわせになってほしい。相変わらず激重すぎて引くレベルのやつなんだけどさ、よろしくね。

 

I can't wait to see you. Come on new friend.
君にはどう見えるだろう?
ぼくらがまだ 知らない
世界の美しさ 教えて


そして最後にじたんの話。

「迷ったときは笑顔の多い方に進む」
「未来を見て応援してほしい」

わたしはかなりはやしくんに傾倒してるから、きみが決めたことなら信じてついていくしかない、って、それしか頭にない。どんなプロセスがあれ最後はきっと自分で考え決めたことなのだから、それがはやしくんの進む道ならそれでいいと思う。せっかくぜいぶどうとして徹底解剖してもらったのになぁ、ちょっと早かったのかな、って思わなくもなかったんだけど、ちがうね。もやもやしたときにはやしくんの言葉がなんども頭をよぎって、はやしくんが言うなら大丈夫かなって思えました。そうさせてくれたのは、はやしくんが今まで誠実にアイドルをやっていてくれたからだね。改めて、はやしくんを好きでよかったと思いました。They武道のはやしくんいままでありがとう、宇宙sixのはやしくん、これからどうぞよろしくね。

 

どれだけの言葉がぼくに届き
立ち上がるチカラに変わったのだろう
ひとつずつ思い出せなくても
ちゃんと刻み込まれているよ


BGM:『WELCOME』KinKi Kids

 

My Best Photo - like a big love and precious one♡〈ジャニオタ英語部〉

この記事を【ジャニオタ英語部writing】に寄稿いたします。

kotonoha13.hatenablog.com

(ジャニオタ英語部speaking にて発表した【My best photo】のスピーチ原稿ほぼそのままです。英語学習の一環でチャレンジしてみたのですが7割はw★bli●に頼ってるとかそのくせ文法がめちゃめちゃだとかそういうところには目をつむってくださいね…)

 

***

 

f:id:dressigh:20161105124552p:plain

This is "My best photo".
Do you know 3 boys in this photo?

They are "TheyBudo(They武道)". It's not joke.
I introduce a few things of They to you.

f:id:dressigh:20161105124613p:plain

  • They are Johnny's Jr.
  • Left to right, Tsuyoshi Eda, Ryota Yamamoto and Shota Hayashi.
  • Their faces are very pretty and young. But the age of around thirty.

This photo taken in May 24th, 2016 at Theatre Crea that their concert was held. Why do they embrace? Because Yamamoto said "Hug me!".

Hayashi: Hey! Are you being excited? Enjoying? We are TheyBudo! Well...
Yamamoto: Just a moment!
Hayashi: What?
Eda: What's up?
Yamamoto: Er..., hug me. Please hug me one time!
Hayashi, Eda: Hug!?
Yamamoto: Hug me...
Hayashi, Eda: What's the mutter?

  ♡hug hug♡

Eda: ...Were you getting nervous?
Yamamoto: ...Yes! I'm getting nervous! That's crack me up.

There are 3 favorite things to this.

  1. They who embrace each other are cute.
  2. They face down, but they are smiling.
  3. It's very heartwarming and lovely.

Also, that was a special day for them. And for me too.
Independent concert is especially thing for Jr. It's one of their dream. TheyBudo often says "We wanna do our live!". So, this scene is moment that They's dream is coming true.
Moreover, they had been performing separately a few month until that day. (Hayashi in "Takizawa Kabuki". Yamamoto and Eda in concert of Arashi.) Everyone had hoped to meet all members of TheyBudo. Themselves too.
Yamamoto said "I'm getting nervous!". I think expectation and uneasiness to "Independent concert" had been pressing on them. Also, it is been a long time since they performed stage in all members.

Yamamoto depend to Hayashi and Eda. They graps him.
For me, TheyBudo is like a big love and precious one.

Thank you for your reading!