Hello, my mars.

ジャニオタ備忘録(語るタイプ)

Beautiful Flower☆Dream Fighter〈2017まとめ〉

こんにちはこんばんは。2017年ももうすぐおわりますね。今年も大変お世話になりました。演劇大賞やろうかな?とか、現場ぜんぶ振り返ってみようかな?とか思ったのですが、結局なんにも用意せず年末へ……というダメダメ具合です。(いや、現場振り返りはやってみたんだけど、作品数の多さと、滝沢歌舞伎の感想がルーズリーフ3枚目に突入しかけたところで力尽きたんだ……)(かぶき楽しかったなぁ……)

 

だからといって何もなかった、というわけではなくて。むしろありすぎた。今年、おたくとしてはほんっとうにいい年だったなぁ、と思うのです。

 

 

大きなトピックとしては、何よりも、宇宙Sixと初対面したこと。あらしに行けなかったので、5月のクリエがそのときでした。これは以前にもブログに書いたけど、この目で見るまではずっとドキドキで。期待と不安がごちゃまぜの複雑な気分でいたけれど、目の前がキラキラで開けた瞬間に不安なんて全部ブッ飛ばされて宇宙Six最高!!!!!!ってなれました。本当にありがたい。

そのクリエは、MADE→MADE宇宙→宇宙Sixで約1週間を占めていて、MADEは2回目の進化を。宇宙Sixは初めてのときめきを。合同はよく知った同志の、それでもカラーの違う2グループが起こす最強の化学反応を。それぞれ見させていただきました。その期間だけ世界の中心は間違いなくシアタークリエだった。

 

4月、滝沢歌舞伎。林くんはこれで9年連続の出演。昨年の大躍進の輝きはそのままに、今年もひとり芝居に挑戦したり、Maybeのはやさくシンメは神懸ってたり。加えてお化粧のトークでは自らを「滝沢歌舞伎の番頭」と豪語(?)して毎日お話を頑張っていました。毎日変わる質問とアドリブトークがあることにより、林くんの手厳しいツッコミとか、先輩にちゃんと可愛がられているところとか、ジャニオタ的に言うとやや強火気質なところとか、いろんな部分が垣間見えたのも、様々なタレントファンのいる客席に林くんを知ってもらえるいいきっかけになったんじゃないかなぁ。二幕のお芝居は昨年と同じ下っ引きでもキャラクターはがらりと変わって頼れる二枚目に。同じセリフも役が変わると声の響きや表情が変わって、この1年で培ってきた芝居のスキルがしっかり反映されていてとっても良かった。

そして今年はちびっこJr.のまとめ役も任されたそうで、それはこちらにはあまり見えないことだけど、滝沢さんが林くんを信頼して任命してくれたことならば、今までに築き上げてきたものの真価がそこに発揮されたような気がします。そう聞いてからはちびっこたちの舞台上の成長がいつもよりちょっと嬉しく感じるというもの。先日発売された雑誌で滝沢さんにより、林くんと年長組担当の深澤くんが今年のMVPに選出されていて、頑張りをちゃんと評価してくれる人は必ずいるんだなぁと思いました。来年も出てくれ~!(欲望)

 

7月からは亀梨くんのソロコンサートに宇宙Six帯同。誰にも真似できないカメナシ・ザ・ワールドはもちろんですが、ソロでありながらKAT-TUNの名前を掲げ続ける意味とか、グループの看板を下ろさずに亀梨和也としての個性を爆発させていることとか、「個人」と「グループ」の在り方を考えるコンサートでもあったなぁ、と感じています。まるっと含め、背負って立つことのできる亀梨くんって偉大な存在だなぁということ。そしてそんな現在の亀梨くんのツアーに、グループ構築中の宇宙Sixがつけたことってとても大きな財産になったんじゃないかな、と思わずにはいられない。

そんな大きなツアーに江田くんがコレオグラファーとして携わったのもめちゃくちゃ大きなトピックです。亀梨コン、ショーとしてもとっても面白くて。数々の度肝を抜く演出が美しく、大胆なんだけど繊細に作り上げられていて、それはつくり手が誰かに関係なく純粋に見て面白い!と感じられるもので。だからこそ誰でもない江田くんがその手のひとつだといういうことが素晴らしい。尊敬に値します。思えばThey武道がコンサートをするようになったとき「マスコットキャラ」「いるだけでいい」と言われていた江田くんが、演出家の才を見出され、広い世界でたくさんの人を感動させるようになったなんて、こんなドラマがどこにありますか。これからももっとたくさんの、江田くんが手掛けるステージを見てみたいなぁ、と思わせてくれた素敵なコンサートでした。

 

8月、ふぉ~ゆ~GACHI開幕。ここ数年、数々の主演舞台を務めてきたふぉ~ゆ~、そのどれもが素敵だったけど、GACHIは特段嬉しい舞台だった。自分たちのやりたいことを具現化し、東宝とともにつくりあげていき、上演する……それはまるで少年隊のPLAYZONEのようだな、と思ったり。ふぉ~ゆ~がまたひとつステップアップしたというか、新しいステージに登った、というか……と思っていたら11月からの地方公演の際に飛び込んできたJr.を取ったとのお知らせ。*1肩書からしてほんとに登ってた。ふぉ~ゆ~の勢いが止まらない。

この舞台の何がすごいかって、ふぉ~ゆ~が制作陣にめっっっっちゃくちゃ愛されていることを、舞台上からこちらにありありと投げられることなんですよね。「ふぉ~ゆ~のどこが好き?」って聞かれたり、「あなたはわたしの夢に翼を与える人」って歌われたり。「何か足りない気はするが」「歌はそんなにうまくないけど。あと顔も……」なんてすごい失礼なんだけどwそんなことばにすら愛が滲みまくっていて。そんな舞台ある!!??でもそれもひとえに、ふぉ~ゆ~が今までのお仕事で培ってきた信頼関係の成すものだと思うので。そして客席もそのすべてにいちいち同意する。そんな舞台の上で『これがふぉ~ゆ~ 俺らのやり方!』と高らかに宣言されてしまっては、もう。

 

11月には湾岸LIVE。まさか年に2回も単独のステージがあるなんて。二度目ましての宇宙Sixは、クリエのときよりも確実にグループになっていて素敵だった。MADEは見るたびにコンサートの作り方がうまくなっていて、「お客様満足度№1」の文句をほしいままにしている。

 

同じく11月、桃山ビート・トライブ。亮太さんとめぐちゃんの初主演、そして健ちゃんの初外部舞台出演作品。「武力ではなく音楽で世界を変える」と奮闘する若者たちの物語は、エンターテイメントを愛する客席にびしびしと刺さりまくったものでした。芝居を見るという目的で集まっている以上客席の殆どは、事の大小はあれど、エンタメに世界を変えられた経験があるわけで。もし、藤次郎たちが実際に存在し、傾き音楽で世界を変えていて、その未来が今だとしたら?もし、400年以上先の未来で重要無形文化財となった歌舞伎をたどった源流に、平信や成太がいたとしたら?そんなことを公演中何度も考えました。それくらい熱量のある、すてきな舞台だったなあと。

亮太さんと藤次郎は相互に「そのもの」という感じがして、アテ書きじゃないのが嘘だと思えるくらい。引き合わせてくれたすべての運命に感謝したい。そして亮太さんは、やっぱり、魂で芝居をする人。心ごとぐぐぐっと引き寄せられる。「踊らない山本亮太も楽しんで」と言っていましたが、一心不乱に三味線を鳴らす亮太さんは魂ごと踊っているようだった。めぐちゃんは、どうしたらそんなに真っ白なまま舞台に立てるの!?というくらい、イノセントな存在で尊かったです。初日の第一声を聞いた瞬間、千穐楽のめぐちゃんに会いたくなった。見るたびに小平太になっていくめぐちゃんのひたむきな役者姿勢に愛おしさが増すばかりの公演期間でした。健ちゃん平信は出番こそ短いものの、物語の確実なエッセンスになってくれる三の線。かと思いきや豪快なアクロバットで客席の度肝を抜く、まさに舞台の華、だったように思う。カーテンコールで誰よりもぴっしり揃えられた踵に普段のMADEを見て、グループを背負って舞台に立つ健ちゃんの心意気が細部にまで輝きをもたらしていました。

 

その他、嵐があったりNEWSがあったりえび座があったり、ふぉゆはSHOCKとか23階再演とか、ドラマとかテレビとか諸々。そして嵐とキンキは来年までの現在進行形。いやーいそがしい!いそがしいですね!しかしながら、抜き出したいトピックだけでもこんなにあるなんてすごくないですか。今年はほんとに活躍の場が、例年以上にたくさんあったように思います。そのぶんおたくも忙しく動き回れましたw

 

 

年2回もライブがあって。初主演や初出演があって。演出家やまとめ役など、周りの人に信頼されてこその仕事があって。原案舞台を、自ら主演して。こんな未来がやってきたのか、という、大きな喜びに何度も包まれた1年でした。だってさぁ(ってよく言っちゃうけど)、数年前の自分にこの事実を伝えても、きっと夢だと思ってそのまま目を閉じてしまいそうで。でも嘘じゃないよ。全部全部、彼らが引っ張ってきてくれたものが、現実で輝きを放っている。

華々しくデビューするとか、大記録を打ち立てるとか、若くして推されまくるとか、いろんな形があるので、正解は決して一つじゃない。煌めきの影には想像を絶する失敗や絶望が存在するのかも知れなくて、だからどれが一番いいとかはない。ないんだけど、ないからこそ、下積みとも受け取られるようなJr.の活動を、ずーっと諦めずに、手放さずに走ってきた人だけが作り出すことのできる世界が、見出すことのできる正解が、あってもいいんじゃないのか。

GACHI大楽を見届けた翌日のツイートから抜粋。今年はそのかたちのかけらだったり、道程をたくさん見させてもらいました。完成形だなんて思わないよ。まだまだこれからだもの。

「ジャニーズの花畑の端でちょろっと咲いていたのを見つけてくれてありがとう」そう言ったのは辰巳くん。もちろんこれはふぉ~ゆ~の例えだけど、限らず応援しているすべての方々に言えることは、咲き続けてくれているからこそ見つけられたのだ、それだけがすべてだ、ということ。大地にしっかりと根を張って、咲く力をしっかりと発揮していてくれたから、そこで初めてわたしたちはこの花がきれいって愛でることができる。個人的には、育てている、という感覚はないので、どこまでそれに貢献できるかは分からないけれど。これからも、しっかりお日様を浴びて雨の恵みを取り込んで、きらっきらの花を咲かせてくださいね。と願うばかり。せめて日陰にならないようにしなくては。

 

そういえばクリエのころから、今年のBGMはずっとPurfume〈Dream Fighter〉でした。へこたれず、現状に満足では終わらず、それぞれの夢へ邁進していく彼らは、やっぱり何よりもかっこいいのです。

最高を求めて 終わりのない旅をするのは
きっと 僕らが 生きている証拠だから

ねえみんなが言う「普通」ってさ
なん だかんだっで 実際はたぶん
真ん中じゃなく 理想にちかい
だけど 普通じゃ まだもの足りないの

このままでいれたら って思う瞬間まで
遠い 遠い 遥か この先まで

 

2018年にも、まだまだいろいろ待ってる!とりあえず、有頂天一座があって、スクアッドがある!先のことに想いを巡らせられるのはなんて楽しいことなのか。止まらない彼らに、まだまだついていきたいから、来年も一生懸命おたく頑張ります。

 

今年もこのブログに足を運んでくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。来年も書きたいことができたときにふらっと現れます。何卒よろしくお願いいたします。ではではカウコンに行ってきます三(ノ*'▽')ノ

*1:これを卒業としたいんだけどいいんだよね!?っていまだに疑ってるw