Hello, my mars.

ジャニオタ備忘録(語るタイプ)

乾いた世界だって嘆くよりもその前に

(舞台の感想でもなんでもないすごいどうでもいい一人語りです)

 

先日askにて、「なゆこさんの2014年度の野望を教えてください」とご質問をいただいたのですが。野望というか願望というか、そうなったらいいなと思ってたことが去年からあって。

They武道の単独公演があったらいいなって。

 

……叶いました!!!!叶いました!!!!!

『Live House ジャニーズ銀座2014』They武道公演発表おめでとうございます!(フォント大)

 

去年のクリエは屋良くんと一緒で、それはとても楽しかった。けれどThey武道のコーナーを見たときに、満足感と物足りなさを感じた。幸福感が液体状であるとすれば、タンクが満タンになった瞬間にその容量がガンッと増えたというか。一度満たされたはずなのに、まだまだ足りないよ!という叫びが聞こえる。「物足りなさ」はパフォーマンスをしている彼らの技量が引き起こしたものでは決してない。技量なんて素人のわたしには分からないし興奮した状態でそんなに冷静な考えはできない。

もっと見たい、と素直に思った。約1時間45分の公演中、They武道「だけ」で行ったナンバーは4曲。*1MCを含めると20分ほどの尺。初めてのメイン公演、こんなことを思うのは贅沢かもしれないが、短いと思ってしまった。そういった尺になるのも無理はない、だってこれは【屋良朝幸/They武道】の公演なのだから。むしろそれが妥当と言える。

分かっていながらわたしがそれを望んでしまったのは、「メイン」という言葉に期待しすぎてしまったところがあるのかもしれない。再三言うが、公演はとっても楽しかった。屋良くんはとってもかわいかったし、慣れた関係ならではの息の合ったパフォーマンス、さまざまな舞台を経験してきた彼らだからこその満足いく舞台構成。心からそう思っているけど、反面…っていう。

 

だからもし来年もこんな機会があるのなら、せめて"MAD"など、同期の子達と一緒にやってほしいと思うようになって。屋良くんは先輩だから、彼らにそんなつもりはなくてもやっぱりTheyが二番手みたいに感じてしまうところが否めなかった。(卑屈っぽかったらすみません…)"MAD"も好きだから一挙両得感あるし、PZでは同じナンバーをやってるし、ていうかもともと同じグループだったし…

そう言いながら、正直妥協していた。果たしてTheyの単独公演を組んでもらえるのか?と考えたとき、現実的なことをつい考えて。抱き合わせならまた何とかなるんじゃないかなって、まどぜいの公演はマジで見たいんだけど、本当に望むものには蓋をしていた気がする。

 

そんなわたしは、亮太くんの発言に思い直す。

もう遅刻はしません(笑)!それから、去年はクリエで屋良っちとのジョイントライブをやらせてもらったので、They武道としての単独ステージもやってみたいです。

(2014年1月27日発行 STAGE SQUARE Extra 『'14年○○宣言!』)

当人である彼が単独を望んでいたことが素直に嬉しかった。と同時に自分の願望が改めて溢れ出す。メディアへの露出が少なくなかなかメッセージを発信できない彼らだけど、それを心に思わないはずがないよね。向上心の強い(強くなったのかもしれない)人たちだから、そんな願いをきっと叶えてくれるはずだ、と。

亮太くんがそう言ったから、もう妥協した言葉なんて言えないなと思った。ファンの端くれがそんなことを思う必要は全くない。誰のためでもなく、要は自分の欲を満たしているにすぎないのだが。

 

今年のクリエのメールが来たとき、飛び上がるほど嬉しかった~。そこに3人の名前しかなくて、誰かの次じゃない、3人が1番のステージがそこにあるのかなって想像したら、それだけで胸が張り裂けそう。ぬか喜びで終わらせないでね><って言いたくなるような事務所なのが不安ではあるけれど…言霊ってものがあるし、詳しくは言わないでおく。w

去年SnowManとふぉーゆーの初単独を見に行って。ふぉーゆーもSnowManもそうだけど、会場のお客さんもステージに立つ彼らもとにかく嬉しそうで溌剌として、幸せしかない空間だったのをよく覚えている。Theyにもそういう景色を見せてあげたいし、そういう空間を作り上げてほしい。発信してくれること、こちらが感じ取ること、すべてが楽しみで仕方ない。

 

もう一度、何度でも。おめでとう!楽しみ!大好き!

 

(余談)

去年SnowMan公演に入ったとき、公演の半分を泣いて過ごしたので*2、そういうもったいない楽しみ方はしないように心掛けたいと思います…w

 

(余談その2)

誰のことも嫌いじゃないし望むことはたくさんあるけど言葉を並べれば並べるほど誰かを貶めてしまうような気がして、でも1番に好きなものは揺るがないから、They武道が好きだって言いたくて全部の感情にそれが勝った。

 

*1:ワイルドアットハートスワンソング・two・Yes? No?

*2:じたんのソロでくらいしか泣かないだろうなって思ってたらSnowManが出てきた瞬間嬉しすぎて泣いたし、ほかのメンバーのソロでも泣いた。ある意味黒歴史