読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

filter 3

ハッピージャニオタ舞台班(メルヘンタイプ)の備忘録

Your message ~F(light)Stage They武道concert #002

【ジャニーズ銀座2015でNo.1 They武道のここ見てポイント!!】

飛行機っていうのをコンセプトにして、みんなで夢に向かって旅をしていこう!
『ストーリー性のある構成』

〔滝CHANnel 2015年6月5日放送 第147回より〕

 

ということで、They武道が全公演でNo.1を誇った『ストーリー性』について、【歌詞】という面から掘り下げてみました。

 

※あくまでもファンが掘り下げただけにすぎません
※ご本人様たちのご意向やメッセージを保証するものではありません
※ただただ楽しかったです(感想)

 

 

 

 

 

はじめに

They武道クリエ セットリスト

  1. Sky's the limit
  2. Yes? No?
  3. ハルカナ約束
  4. サクラ咲ケ
  5. Fighting Man
  6. チェリッシュ
  7. Zero-G
  8. care→Love yourself〜君が嫌いな君が好き〜(山本ソロ)
  9. inter~クルトン
  10. コント『つーよの部屋』
  11. Carnival night partⅡ
  12. MC
    →なないろの空へ(オリジナル曲)
  13. 少クラメドレー(Misty→LOVESICK→NEXT DREAM→雪の降る日)
  14. Vanilla(Jr.コーナー)
  15. 曇りのち、快晴(林ソロ)(19日のみ)
    いま愛を語ろう(林ソロ)(20日昼から)
  16. 愛でした。(江田ソロ)
  17. inter~Dead or Alive
  18. One Day, One Dream
  19. TEPPEN
  20. GUTS!
  21. Sakura
  22. Journey Journey〜ボクラノミライ〜
  23. Happiness(21日夜のみ)

 

  • 集計対象は公演内で歌っている範囲の歌詞です。歌ってないパート(2番など、省略された)は含みません。
  • つーよの部屋~Carnival night partⅡ・少クラコーナー・Jr.コーナーは今回の対象に含みません
  • すべて手作業で行っているため、抜けている箇所についてはご了承ください。また、これも含まれるんじゃないかな?というのがありましたらぜひ教えてください。
  • 『なないろの空へ』について:正式な歌詞の発表がないのですべてひらがなで表記します。読みにくいことは承知ですがご了承ください。また、公演中に取ったメモとTwitterで出回った他の方の耳コピを参考にしておりますが、6/24現在答え合わせができない状態ですので、間違いなどがあってもご容赦ください。
  • 再度になりますが、ご本人様のご意向やメッセージを保証するものではありません。あくまでもいちファンが公演をより楽しみたいがために書いた考察と妄想の記事であることをお忘れなきよう。

 

 

そのいち【空】

Sky's the limit(タイトル)

Love yourself~君が嫌いな君が好き~
『花のようにに舞って 君が嫌いな君を包む』

なないろの(タイトル)

いま愛を語ろう
『今日見た青空と 明日見る星に』

TEPPEN
『舞い上がれ 高く』
『君の想いは 華麗にを舞うから』

Sakura
『夜明け前 は急いだ』

Journey Journey~ボクラノミライ~
『上昇気流でほら 更にへと 舞い上がれ』

【空】- 星(月・太陽)天気(雨・曇り・快晴・嵐)風

 Yes? No?
『変わらぬ誓いをかわして の中へ』
『向かってくる 髪束なびかせ』
の中 汚れても 道はその胸に…』

ハルカナ約束
『流れる汗がに揺れている』

曇りのち、快晴(タイトル)
『そう明日は今日と違うが吹くだろう』

いま愛を語ろう
『今日見た青空と明日見るに』

Dead or Alive
『LOST IN THE RAIN 何度も失って 孤独の影を映しだす MOONRISE
『THIS CALM BEFORE THE STORM
『I WILL FLY TO SEE YOU 色褪せた下弦

TEPPEN
『誰にも負けない 熱い気持ちで 揺らせ太陽

GUTS!
に打たれ に吹かれ 僕らは叫ぶ(向かう)』
の中 闘う友よ いざ行け』

Happiness
向かい風の中で 嘆いてるよりも』

 

そのに【夢】*1

Sky's the limit*2
『忘れないで 描いた

Yes? No?
を急げ…』

ハルカナ約束
『あの日俺たちが信じた

サクラ咲ケ
『名もなき たち』

チェリッシュ
『僕らだけのを探そう(作ろう)』

なないろの空へ
『ふみだしたせかいで ゆめをともにみようよ』

One Day, One Dream(タイトル)
『You can now dream(勇敢なdream)振りかざし』
『昨夜(ゆうべ)見たが その残像が』
『揺るぎない となれ』

GUTS!
を見ることも 容易(たやす)くはないさ』
と希望のパレード』

Sakura
『だけどの中 いつも触れたくて』
『願い 孤独まで 巡り会わせ』

【夢】- 未来・明日

Sky's the limit
『True 輝く未来はJust for you』

Yes? No?
『僕たちのリフレクション 未来とすれ違う今日』
『君が望んでる明日へ』

サクラ咲ケ
『振り向くな 後ろには明日はないから』

チェリッシュ
未来の君をステキにしよう』

クルトン
『君の未来に僕はいるの?』

曇りのち、快晴
『そう明日は今日と違う風が吹くだろう』
『広がってる 明日に向かってDAN DAN DANG!』

いま愛を語ろう
『今日見た青空と明日見る星に』

愛でした。
明日の光へと変わりココロを 導いてく』
明日へと (ココロを) 明日へと…』

One Day, One Dream
『自分のcolor(殻) 破って 膨らむ未来を』

Sakura
『与えられた現在(いま)を 託された未来へ』
『そして 明日も何かを探し続けて』

Journey Journey~ボクラノミライ(タイトル)
『さぁ行こう! Journey Journey 僕らの目指す未来へ』

Happiness
『騒がしい未来が向こうで きっと待ってるから』
明日を迎えに行こう』

【夢】- 希望・光

Sky's the limit
『Don't stop 微かな希望

曇りのち、快晴
『もう一度 あの日の 希望の色で満たしてよ』

愛でした。
『そんな日々にくれた』
『明日のへと変わりココロを 導いてく』

GUTS!*3
『夢と希望のパレード』

Sakura
『So tell me why? の向こうに 何がある?』
『なぜだろう? この世界は と影が寄り添って』

 

そのさん【前進
行く・歩く・走る・進む・超える・振り返らない・止まらない・前へ etc…

Sky's the limit
『つまずいても ここまで 越えて来たから』
Don't stop
『So high 絶望を越える度 So fine 強くなれるよ』
振り返らないでずっと Here we go
『この衝動は ほっとけない Never stop
『高い壁だって越えて So let's go... Go!!
『Sky's The Limit 走る意味』
『想像すらも越えた世界へ』

Yes? No?
『夢を急げ…』
『君まで 僕さえ 乗り越え行く 壁』
Let's go!!

ハルカナ約束
『ひとり家を飛び出した
走る キミが待つ場所へ』

サクラ咲ケ
駆けだせば 間に合うさと』
走り出した 街の音は 歓声のよう』
振り向くな 後ろには明日はないから 前を向け
前へ 前へ

Fighting Man
前方だけ見て進めばいいさ
『断トツなスピードで 間違いじゃない情熱抱いて ガムシャラにいけ
『ノリで行けばいんじゃない?』
踏み出したなら もう 最上級の Fighting Man』
『比べずに 迷わずに歩んで
Don't look back Don't look back 時は止まらないから』

Zero-G
Don't stop, stop, stop baby』
『君と Let's get, get, get, get away
『ほら もう止まらないぜ』

care
『倒れかかったって 踏み出す力を』

なないろの空へ
ふみだしたせかいで ゆめをともにみようよ』

曇りのち、快晴
『そう一歩踏み出せたなら景色も変わる』
『PAN PAN PANG! 越えていく 不器用なままで』
『繰り返してくHistory そのどこかでRide on time

One Day, One Dream
『I'm in a world(曖昧なworld)駆け抜けよう
『昨夜(ゆうべ)見た夢が その残像が 脈を打つ「さあ行け」と』

TEPPEN
『地面蹴りつけろ

GUTS!
『光の無い 荒野を独り いざ行け
『イチニのサンで さあ前を向け
『嵐の中 闘う友よ いざ行け
『雨に打たれ 風に吹かれ 僕らは向かう

Journey Journey~ボクラノミライ~
さぁ行こう! Journey Journey 僕らの目指す未来へ』
連れて行くよ さぁ この手を 掴め!』
『選択の連続さ どう進むかなんて 自分次第』
『頑張るよ! Going Going 立ち止まる暇なんてない

Happiness
走り出せ 走り出せ 明日を迎えに行こう
止めないで 止めないで 今を動かす気持ち』

 

そのよん【旅】&【世界】

Sky's the limit
『想像すらも越えた世界へ』

Zero-G
『Nothing's gonna change my world
『Rock your world

Love yourself~君が嫌いな君が好き~
世界は素晴らしく見えてくる』

なないろの空へ
『ふみだしたせかいで ゆめをともにみようよ』

いま愛を語ろう
『そして何処かへ旅行に出よう』

Dead or Alive
『THIS WORLD OF ENDLESS NIGHTS』

One Day, One Dream
『I'm in a world(曖昧なworld)駆け抜けよう』

Sakura
『いつか 僕らが世界を変えていくなら』
『なぜだろう? この世界は 光と影が寄り添って』

Journey Journey~ボクラノミライ~(タイトル)
『さぁ行こう! Journey Journey 僕らの目指す未来へ』

 

そのた【飛行機っぽいワード】

上記にカテゴライズできないけどそれっぽくない?と思うものたち

Sky's the limit
『So high』(高みを目指す)

Dead or Alive
『I WILL FLY TO SEE YOU』(飛ぶ)

GUTS!
『歓びへと舵を取れ』(飛行機には要の"みっつの舵"があるんだってさ!)

Journey Journey~ボクラノミライ~
上昇気流でほら 更に空へと 舞い上がれ』(天気系と迷ったのですがこちらで)

 

きになるシリーズ

コンセプトと直接的に関係ないとは思いつつ、単純にわたしが反応してしまいがちな言葉を集めました。それだけです。笑

きになる①【手】- つなぐ・握る・結ぶ・伸ばす・触れる

Sky's the limit
『君の 隣でそっと この手伸ばすから』

サクラ咲ケ
握りしめた手が 何か言う』

クルトン
『離れたってここにいる 永遠につながっている

曇りのち、快晴
『LAN LAN LANG! 幸せはきっと僕のの中に』
をたたけ!』

いま愛を語ろう
『交差点の青で初めて手を握った

愛でした。
『その瞳とその両手で 瞼閉じたココロの手を引く

GUTS!
握り締めた手の中には 君の言葉』

Sakura
『だけど夢の中 いつも触れたくて
『優しさで結ぶよ

Journey Journey~ボクラノミライ~
『さぁ この手を 掴め!
『じゃあね じゃあね 僕らは過去にを振ろう』
『悩んでもがいてにするものは』

きになる②【言葉】【声】

Sky's the limit
『「もうきっとダメ」だって 頭を遮った 言葉に』

ハルカナ約束
『キミのがそこに聞こえたからさ』

サクラ咲ケ
『走り出した 街の音は 歓声のよう』

Love yourself~君が嫌いな君が好き~
『優しい言葉だけ並べても意味はない』

クルトン
『魔法のような言葉唱えるよ』

なないろの空へ
『あたたかい きみのことば
『いつもぼくをささえてくれる きみへメッセージ
『ありがとう かざらないまっすぐなことば

曇りのち、快晴
『あの日誰かが 言ってた言葉 今も信じてはいるけど』

愛でした。
言葉にすれば一つしかない』

Dead or Alive
『真実のを奪われたまま』*4

GUTS!
『握り締めた手の中には 君の言葉

Sakura
『思い出した の温もりに』

 

 

以下感想。

  • ポジティブなワードがとにかく多く、前向きで勢いのある姿勢が歌詞からも読み取れた気がします。でも同じくらいネガティブなワードも歌っていて、これはキーワードでは絞れないので*5ピックアップはしませんが、ただふわふわと浮かんでいるわけじゃなくって自分の足で地面を走って走って輝く未来へTake off!って感じなのかなって。『飛ぶ』よりも『走る』『踏み出す』が多く登場しました。
  • 全部が全部コンセプトにがっちりはまったものじゃないのはパフォーマンスを見ても曲を聞いてもわかることだけど、They武道が語るコンセプトをふっと思い出せる単語が違和感なく散りばめられているところにセンスを感じました。隠れミッキー的な。
  • 何がすごいっていろんな言葉がある中で5カテゴリ8グループってかなりざっくりした拾い方なのに該当しない曲が1曲もないということだよ*6。カテゴリについては、なんで【旅】と【世界】が一緒やねんってつっこみが飛んでくるかもしれませんが、その他も含めてわたしの独断なのでご了承ください。
  • 再三ですが、They武道がこういうつもりで曲を選んだんだ!と言いたいわけでは決してなく、どこまで何を狙って構成したのかは本人たちの言うこと*7以外はなんにもわかりません。これはべつに狙ってないよなー、と思うものもあります*8。この楽しみ方が正しいか、と問われれば答えに詰まるほどですが、それだけはどうかわかってお読みいただけると大変ありがたく存じます。
  • でも、わたしが楽しみたいがためだけのこじつけ考察で重要なのはそんなことじゃなく、コンセプトに結び付きそうなことばが入っている歌を、たとえ無意識でも選曲している。ということです。なにそれそんなのセンスのかたまりじゃん。
  • そんでもってこんな記事が書けちゃうくらいなのは、彼らが歌に込められたメッセージ性や自分たちが伝えたい思いをとても大事にしてくれているからだとわたしは思うんですよね。セトリごとの感想記事に書きましたが、恋愛のうたなのになんだかTheyからのメッセージに聞こえちゃう現象はそこから来ているんだと勝手に思っています。そんな心意気が愛おしいなぁと再確認しました。今度はもっと雰囲気重視の選曲も見てみたい!ゴッテゴテ中二病のラブソングとかどうかな!なんていう欲も沸いてきましたw

 

They武道ってすごいね。(結論)ありがとうございました。

*1:「夢中」はノーカウント

*2:『消えることない 現実も ならいいのに』ネガティブな意味なので除外しましたが入ってますね

*3:のない 荒野を独り いざ行け』ない、と歌ってますが入ってますね

*4:マイナスな意味ですがwただ気になる、だけなので入れておきます

*5:あとめんどくさい(小声)

*6:きになるシリーズを除く

*7:雑誌や連載などの発言

*8:亮太さんに至っては「初日はコンセプトを忘れかけた」とのたまっています。この!この!笑